鍵の交換もセキュリティ対策として重要です。まずは相談だけでもしてみましょう。

万全ですか?あなたの会社のセキュリティ

鍵も重要だ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
自宅や企業の鍵はどういったタイプの鍵を利用されていますか?
ご自宅や会社に空き巣が入ってきたら多大な被害を受けるのではないでしょうか。
ましてや企業の場合は気密事項が入っている端末や書類なども盗難被害に遭ってしまったら金銭を取られるよりも受ける被害が大きくなってしまうかもしれません。
テレビなどで針金などを使って鍵を開けてしまうような場面を見たことがありませんか。
ちゃんとした鍵を持っていなくても鍵によっては簡単に開けてしまうことができるのです。
プロにとっては鍵を開けるのは決して難しいことではないのです。
またうっかりして鍵をなくしてしまうということも十分あり得ることです。
自宅や会社の大切な鍵を落としてしまった場合は、それを悪用されてしまったらどうなるのでしょうか。
親切な方であればそれを警察に届けてくれるかもしれません。
しかしそういった方ばかりとは限らないのです。
それを考えると防犯セキュリティ対策として鍵を交換するのも非常に有効な手段だと考えられます。
それでもどいうった鍵がセキュリティ対策として良いのかわからないという方が大半だと思います。
普段なかなか鍵を頻繁に交換する機会もないかと思います。
そしてそういった経験がない方であればどういったタイプの鍵がセキュリティ性が高いのか見当がつかないかと考えられます。
そこでまずは鍵屋さんに来て相談することをお勧めします。
鍵屋さんを検索してみれば相当の鍵屋さんが見つかるかと思います。
その中から複数業者を選んで実際に来てもらうといいでしょう。
お店に行って話を聞くのもいいのですが、一番いいのは現場を見てもらうことです。
その上で鍵屋さんにどういったタイプの鍵を使ったらいいのかをアドバイスを求めてみましょう。
予算との兼ね合いもあるでしょうからそれを伝えれば鍵屋さんは最も適当だと思われるタイプの鍵を紹介してくれるはずです。
なお現地まで出向いてもらう場合は、鍵屋さんによっては出張費用が掛かってしまう事もあるようです。
それではセキュリティ性の高い鍵とはどういった鍵なのでしょうか。
鍵といえば差込口がギザギザになっているタイプが一般的ではないでしょうか。
しかしそのようなタイプの鍵とは複製もしやすいのだそうです。
そこでおすすめなのがティンプルキーと呼ばれるタイプの鍵です。
鍵の差込口部分に丸い小さな穴が複数あいている鍵を見たことがありませんか。
それがティンプルキーと呼ばれるタイプの鍵です。
セキュリティ性を宣伝にした新築の住宅やマンションではこういったタイプの鍵を採用しているところも多いようです。
もしも自宅やオフィスの鍵のセキュリティ性が気になるのであれば相談だけでもしてみましょう。