企業でも情報セキュリティ対策は必至です。従業員全員にその重要性を教えることから始まります。

万全ですか?あなたの会社のセキュリティ

情報セキュリティについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
情報セキュリティという言葉を頻繁に聞くかと思います。
しかしちゃんとしたその言葉の意味や具体的にどういった事をするのかという事をご存知ないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
情報セキュリティという言葉が使われるようになったのはインターネットが広く普及するようになってからのことです。
そのお蔭により私たちは情報を簡単に入手することが可能となったのです。
ところが便利な反面その情報を悪用するケースも目立ってきたのです。
そこで情報を悪用されないように機密性を保持する事閲覧する権限がない人に対してそれを開示しない完全性を保持すること、閲覧権限のある人には情報を開示できる可用性をポイントに対策がすすめられることになったのです。
企業にとっても機密情報が漏れると世間的な信用を大きく失う結果となってしまいます。
またそれが原因となり多大な被害を蒙るケースもあるのです。
実際にしつこい勧誘の電話が増えるようになってしまったりして、裁判にまで発展したケースもあるくらいです。
また個人でもITを利用するのが当たり前の時代となっているのでそれ相当の対策が必要となってくるのです。
それでは具体的に情報セキュリティ対策とは何を行ったらよいのでしょうか。
まず企業のレベルで考えてみましょう。
企業では情報セキュリティ強化のためにその担当を決めている企業も多いかと思います。
担当者に任命される方はそれなりの知識を持った方だと考えられます。
しかしその他の従業員はどうなのでしょうか。
実際に企業内で端末やネットワークを利用するのは従業員です。
その人たちに情報セキュリティの知識があるのでしょうか。
まず行うべきことは情報セキュリティの重要性を従業員全員に対して教育することだと思います。
なぜかというともどんなに企業が情報セキュリティ対策を強化したところで、従業委員が内部からそれを持ち出すというケースも十分考えられるからです。
会社で仕事が追わなくなかったので自宅でやろうと思ってデータを会社から持ち出したという事もあるでしょう。
その時にデータが入った外部メモリや端末をなくしてしまったらどういった事が起こるでしょうか。
それを悪用されてしまう可能性だって十分あり得るのです。
実際にそのような事件に関してもニュースで見たことがあるのではないでしょうか。
まずはその企業で働く従業員全員が情報セキュリティの重要性を理解することから対策は始まります。
外部の研修などを受けさせるのも有効だと思います。