個人でもセキュリティ対策を取ることが重要となっています。セキュリティソフトが有効です。

万全ですか?あなたの会社のセキュリティ

個人でも対策が必要

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スマートフォンの所持率が上昇しています。
それまで主流だった、通話とメール機能がついているシンプルな携帯はガラパゴス携帯とまで呼ばれるようになってしまいました。
以前の携帯でもインターネット閲覧は可能ですが、見やすさや使いやすさを考えるとスマートフォンにはかないません。
スマートフォン以外にもタブレット端末を常時利用しているという方も多いかと思います。
また自宅でパソコンを利用しているという方も多いかと思います。
つまりインターネットなどを利用する端末を複数台所有している方が増えているのです。
プライベートで端末をどういった形で利用しているでしょうか。
何かサービスを申し込んだりお店などを予約したりするときに使ったことはありませんか。
その時にご自身の住所や電話番号などを入れることもあるかと思います。
またインタネットバンキングなども利用者が増えていると聞きます。
その時には利用するための暗証番号などを入力してから自分専用の画面に入るでしょう。
そこから振り込みや様々な操作ができてしまいます。
もしも本来はご自身しか知ることがあり得ない暗証番号を他人が知ってしまったらどうなるでしょうか?
またインターネットで買い物をする方も多いかと思います。
その時にクレジットカードを利用して買い物をされる方が大半ではないでしょうか。
すると万が一ご自身のカード番号が誰かに知られたらどうなるでしょうか?
そういった事を考えると個人でも情報セキュリティ対策をしっかりと取ることが重要となってくるのではないでしょうか。
絶対にそういった情報が外部に漏れないとは限らないのです。
個人情報漏えいなどが起こるのは大企業だけだから大丈夫だと思っていませんか。
実際に個人を対象とした被害も多く出ているのです。
それでは個人レベルで情報セキュリティ対策を取るためにはどうしたらよいのでしょうか。
まずはセキュリティソフトを導入することです。
個人で外部と接続可能な端末を持っているのであればそれら全てにソフトを入れることをお勧めします。
ソフトが入っていれば怪しいと思われるメールを事前に報告やブロックしてくれる機能もあります。
またソフトによってはWEBサイトを閲覧する前に、そのサイトの安全性をチェックしてくれる機能もついています。
ソフトにだけ頼らすにご自身でも怪しいと思われる件名のメール、そしてサイトを絶対に開かないように注意することです。
ソフトでも時々セキュリティに漏れがある可能性もあるからです。